石鹸 ピーリング

巷で話題の石鹸・ピーリングについてお届けしています。石鹸・ピーリングに関心のある人に、容易なことを紹介したサイトです。

サイトメニュー

ピーリング石鹸で美肌効果を得る

石鹸 ピーリング

ピーリング石鹸は、家でのケアで、エステのような美容施術を行うことができる石鹸だといいます。
一体、ピーリング石鹸にはどんな性質があるでしょう。
くすみ、しわ、にきび跡など、お肌で気になるところは人によって違います。
酸を使って肌を溶かし、トラブルを取り除くことができるのがピーリング石鹸です。
ケミカルピーリングには酸を使いますが、酸といっても非常に弱いものを使います。
にきび跡のケアはエステに行かなくても、ピーリング石鹸を使って目立たなくすることが可能です。
仮にエステでケミカルピーリングをしてもらう時には、一定期間の間をあけながら、何度も行くことになります。
一方、ピーリング石鹸は一個2000円程度ですから、金銭的負担をそれほどかけずにできます。
ケミカルピーリングをエステや皮膚科の病院でやってもらう場合は出費が相当なものになりますが、ピーリング石鹸であれば購入費用だけで済みますので、お得です。
ピーリング石鹸はごく基本的な洗顔をするだけで十分にピーリング効果が得られます。
いつもどおりに洗顔して洗い流せば、古い角質が落ちてきめ細かなきれいな肌を取り戻すことができるのです。
人によっては、メイクで肌のしみやそばかすを隠すことに躍起になっている人もいるようです。
ピーリング石鹸でにきび跡やくすみの目立たないお肌になれば、ナチュラルメイクもできるようになります。

ピーリング石鹸の使い方

石鹸 ピーリング

皮膚のにきび跡、しみ、くすみが気になる人にはピーリング石鹸がおすすめです。
どう使うものなのでしょうか。
エステや美容クリニックで行われるケミカルピーリングが、家でもできるものがピーリング石鹸です。
顎やおでこなど、気になるところからマッサージしながら洗っていきます。
円を描くようにくるくると回すようにマッサージをすると効果的です。
洗顔時のコツは、指で皮膚を触らないようにしながら、ピーリング石鹸でつくった泡を皮膚の上で転がします。
指先で皮膚をこすると、皮膚にダメージが及ぶ可能性があります。
特に目の周りや口の周りはデリケートなので、傷つかないようにしましょう。
ピーリング石鹸は、泡をつくり、その泡で洗顔をするものです。
泡ができない時は、専用のネットでまず泡をたくさんつくります。
ぬるめのお湯で顔をよく濡らしてから、ピーリング石鹸で顔を洗うことがおすすめの方法です。
ピーリング石鹸は非常に溶けやすいので、使用後はできるだけ水分を切って保存しておきましょう。
お風呂場においたままだと、湯気で溶けてしまうので保管は別のところにしたほうが良いでしょう。
皮膚の表面に残っている古い角質層を取り除き、新しい皮膚ができるようにする効果が、ピーリング石鹸にはあります。
ピーリング石鹸を活用して、きれいな肌を維持するようにしましょう。

ピーリング石鹸のメリットと注意点

エステのケミカルピーリングが家庭でできるということで、ピーリング石鹸に関心が集まっています。
どんなメリットが、ピーリング石鹸を使うことにあるでしょう。
ピーリング石鹸は肌の表面の古い角質を溶かすので、にきび跡も一緒にそぎ落としてくれます。
ピーリング石鹸が古い角質を溶かし落とすと、その後には新しい皮膚が表れるのですが、繰り返すうちにしみやそばかすなども消されます。
ピーリング石鹸は、色々な肌トラブルを改善することができる美容方法です。
エステのケミカルピーリングは何度も繰り返し行く必要がありますので、施術を受けるたびに費用がかかり、結果的にはかなりの出費になるものです。
ピーリング石鹸を利用する魅力は、ピーリング石鹸の購入金額以上の費用がかからないことです。
気をつけるべき点を意識して、ピーリング石鹸を使いましょう。
ピーリング石鹸を使ってピリピリとした痛みを感じるようであれば、すぐにピーリング石鹸を洗い流すようにしてください。
初めてピーリング石鹸を使う場合には、酸の配合量が少ないものを選ぶようにしましょう。
酸の配合量によって肌に与える影響に差があるからです。
肌質は人によって違いますが、ピーリング石鹸を使った直後は、肌が刺激に弱くなっていこることがあります。
ピーリング石鹸で顔を洗った後はきちんと保湿しケアをして、皮膚をいたわりましょう。

ピーリング石鹸とは

どんなふうにピーリング石鹸を利用すれば良いのでしょうか。
今エステの美肌施術でピーリンク人気だといいます。
ピーリングが自宅でできる商品としてピーリング石鹸があります。
ピーリングという美容施術は、古い皮膚表面に残っている角質層を除去し、表面に新しい角質層を出すというものです。
古い角質は小じわやシミ、クマなどの原因にもなります。
ピーリング石鹸はにきび予防に利用している人が多いようです。
古い角質を取り除くことで、毛穴の詰まりを防ぐ効果があるためです。
ピーリング石鹸を使って顔を洗うと見た目にも肌の色が明るくなるのは、古い角質層がなくなったことで肌本来の色を取りもどすことできるからです。
洗顔をピーリング石鹸でした後浸透しやすくなるのがビタミンC誘導体などの化粧水で、美白ケアのためには重要なものです。
ピーリング石鹸を使うと肌にピリピリした感覚がありますが、石鹸の成分が角質を溶かしているサインです。
肌質によって感じ方は個人差があり、有効成分の濃度が薄い石鹸でも敏感肌の人は、肌がすぐにピリピリする場合があるようです。
エステに行かなければできなかったピーリングが自宅で手軽にできるという点が、ピーリング石鹸の利点です。
ピーリング石鹸はお肌への刺激が強いため、取り扱いは十分注意をする必要があります。

ピーリング石鹸の濃度

フルーツ酸の一種であるグリコール酸や乳酸、フェノール酸、サリチル酸などの成分が使われているのが、ピーリング石鹸です。
ピーリングの強さを決めるのは、酸の濃度です。
エステや美容外科、皮膚科では20%〜50%のフルーツ酸や20%程度のサリチル酸が使われています。
1%未満〜5%程度で、効果は控えめですが刺激が少ないのが家庭で使うピーリング石鹸で、使用を週に1回から2回することができます。
比較的効果の強いピーリング石鹸はボディケアにも使えます。
背中のにきびや二の腕のブツブツが気になる人、低刺激のピーリング石鹸では物足りなさを感じる人、脂性肌でにきびがなかなか消えない人向けです。
低刺激のピーリング石鹸も一方で最近は販売されているようで、敏感肌用となっています。
主な成分は、分子の少ないグリコール酸だといいます。
角質を削り取るのではなく細胞と細胞の結びつきを弱めて古い角質を剥がれやすくするというものです。
ピーリング石鹸の中でも酸の強いものが魅力的なのは、にきび痕を薄くし、肌の透明感を高め、古い角質がポロポロ取れることです。
皮膚がヒリヒリする、赤くなり乾燥が進んで肌が荒れる、紫外線の影響を受けやすくなるなどのデメリットがあります。
脂性肌、普通肌、敏感肌など、それぞれの肌タイプに合わせてちょうどいい刺激のピーリング石鹸を選びましょう。