痕 にきび

痕・にきびについて学びたいと思っていらっしゃる方は沢山いるのではないでしょうか。このHPで痕・にきびについて知ってみてはいかがでしょうか。

サイトメニュー

にきび痕ができる原因について

痕 にきび

にきび痕で困っている人は多いようですが、にきびができた時に掻いたり、にきびの中の膿の部分をつぶした時にできてしまう色素沈着の事を指しています。
このにきび痕というのはシミなどとは異なるもので、色素沈着が傷ができた所におこったものです。
なかなか改善するのは難しく、にきび用の薬を塗っても無理です。
にきび痕ができてしまったら、にきび用の薬は使わないように注意しましょう。
場合によっては状態がひどくなり、クレーターと呼ばれるでこぼこが肌表面にできてしまう事も、にきび痕ができてしまった後にケアしないで放っておくとあるそうです。
どういう状況でにきび痕になるのかを知っておくことが、にきび痕ができてしまわないようにする為には不可欠ではないでしょうか。
皮膚の毛穴には皮脂線があり、過度に皮脂が分泌されると毛穴に溜まります。
にきびの元ともいえる細菌であるアクネ菌と呼ばれるものが毛穴に入り込むことによって炎症がおこるので、にきびができるといいます。
皮膚の毛穴の中にたまるのが白っぽい膿なのですが、どんどん炎症がひどくなればなるほど膿が増えていきます。
膿がたまっている部分は、アクネ菌による炎症で皮膚組織の細胞が破壊されているので、細胞を元の状態に戻そうとしてコラーゲンを大量に作って補修しようとします。
元通りにきれいに治るのは、にきびの症状がそれほどひどくない場合です。
肌の表にでこぼこが残ってにきび痕になってしまうのは、にきびが大きく、たくさんの膿が出た場合です。

にきび痕の種類

痕 にきび

軽い自己判断による治療は避けたほうが良いのは、いくつかの種類がにきび痕にはあり、症状がひどくなればなるほど皮膚科に相談した方がよいこともあるからです。
色素沈着をにきびができた所に起こしてしまい、皮膚が黒ずんでしまう種類のにきび痕が、一番よくあるものだといいます。
膿がつぶれてしまうだけで、にきびを掻きむしったりしなくても痕が残る事によってできるのが、色素沈着によるにきび痕だといいます。
色素沈着によってできるものは、にきび痕の中でも一番多い種類であり、症状の程度は比較的軽い場合とされています。
にきび痕がでこぼこになって、クレーター状になってしまう種類のものが、もう少し症状が悪化してしまった場合です。
にきびがつぶれて皮膚組織が破壊されることによって皮膚がえぐれて、肌表面がでこぼこした状態になることで、にきび痕がクレーターのようになってしまうといわれています。
ケロイド状ににきび痕が盛り上がってしまうこともあるのが、さらに皮膚組織の崩壊が進んでしまったときです。
何度も繰り返し皮膚組織が壊されてしまうことによって、ケロイド状のにきび痕ができてしまうのです。
何度も皮膚組織が壊されてしまうと、毛穴の組織そのものがなくなってしまうので、ケロイド状の肌に変化してしまうのです。
何度も皮膚組織が壊れる事で、コラーゲン線維が重なり合って皮膚に盛り上がりを作るわけです。
ケロイド状のにきび痕が、いくつかある中でも一番ひどい状態といえます。
それぞれの症状や種類によって、にきび痕を治す場合には、治療方法が違ってくるものです。
クレーター状やケロイド状のにきび痕の場合は特に皮膚科で診察してもらったほうが良いでしょう。

にきび用の化粧品について

どれを購入すれば良いのか、にきび用の化粧品には、たくさんの種類があるので困ってしまいます。
購入する人の年によって違うのが、本当に合っているにきび用の化粧品です。
肌の年齢も年齢が違えば変わってくるのは当たり前なので、にきび用の化粧品には肌の状態に合ったものがいろいろと販売されています。
にきびも年代によって、できる原因が異なるので必然的ににきび用の化粧品も違った商品となっています。
男性ホルモンの働きが10代や20代のうちは活動的になってにきびができるようで、特に皮脂がたくさん分泌される為に、毛穴が皮脂で詰まってアクネ菌が増加して炎症が起きることが原因です。
ストレスやホルモンバランスの崩れなどがにきびの要因になる事が、30代や40代の場合はよくあるといいます。
にきびを若い世代の人と比較すると、何個もできるのではなく、繰り返し同じ場所にできるのが特徴だそうです。
それぞれの年代によってもにきびの要因が変わってくるので、その年代のにきびに応じた商品を選ぶようにしましょう。
いろいろな種類の商品が、にきび用の化粧品といってもあるようで、ローションやクレンジング、洗顔剤などが販売されているといいます。
年代を考慮することも大切ですが、自分のにきびの症状や肌質にあった化粧品を選ぶことが重要です。
実際に選択するのが、にきび用の化粧品を買う場合けっこう困難ではないでしょうか。
購入する場合には、必ずしもこの化粧品を使えばにきびが改善するというものではないので、おすすめなのは店の人に質問するのはもちろんのことサンプル商品を利用して実際に使ってみることです。

にきび用の化粧品を購入するには

にきび用の化粧品はたくさんのものが商品化されており、少なくないのがどのようにして選べばよいのか分からないという人です。
店頭ににきび用として並んでいる化粧品のはっきりした特徴は、年代によって使用に適した商品が違うことです。
実際ににきび用の化粧品を選ぶ場合には、何が原因でにきびができているか考慮しなければならず、年代によってにきびができる理由が違うといわれています。
10代や20代の頃は皮脂の分泌が多いので、皮脂を抑制したり、皮脂をきれいに洗い流すことのできる洗浄力の強い化粧品を選択するようにしましょう。
しっかりと皮脂を洗い流すことを目的とした化粧品を選択することが、皮脂が過多になると毛穴に詰まって、にきびが悪化する事が多いので重要だといえます。
あまり洗浄力が強いクレンジングや洗顔剤を皮脂が多いからといってしょっちゅう使用すると、肌表面の保湿力がダウンしれ、乾燥してしまう事もあるので、気を付けたほうが良いのは保湿とのバランスです。
にきびができる理由は、30代や40代になってくるとストレスや内臓の衰えからで、皮脂の分泌はけっして多くはありません。
他ににきびができる原因としてあげられるのは、ホルモンバランスがくずれてしまったときです。
化粧品では保湿効果の高いものや、美容成分の入っているものを活用してみましょう。
40代になると、お肌の新陳代謝が若い頃に比べて減ってきます。
肌荒れなどの肌トラブルが、にきびだけではなく増加するといいます。
特に注意して自分の肌に合った化粧品を選択することが、にきびだけでなく肌トラブルを回避するためにも大事なことではないでしょうか。